商品開発案件の歩み

ヴィストロックスに先日お問合せのあった案件で、

(現在お打ち合わせ進行中なので詳細は書けませんが)

・〇〇用ソックス

を作ってほしいとの希望。

では

・どんなかたち

・どんな素材

・そのようなお客様が履くのか?(販売するのか?)

・ターゲットの年齢や性別は?

当たり前に思いつくことを現実のものにするのは簡単です。

でも、ヴィストロックスはそういう会社ではないです。

〇〇用、と特化しているならまず

・その〇〇を知る

・何のためにそのソックスを必要(作りたい)と考えたのか?

 例:リラックスのため?悩み解消のため?美しさにこだわるため?…など、

広範囲に意識を持って行って、

そして専門家に聞く。

それを繰り返すことで、製品になっていくんですね。

その〇〇用ソックスをつくりたい!というお客様から、

色んな情報を引き出すことが必要になってきますよね。

案件が思いのほか増えていきます。

ストッキング

オリジナルソックス

そして、もう一つ、ソックスのお問合せあり。

製造工場にまずはサンプルを上げてもらわないと、ことが進まないので

サンプルを依頼するも…

今時分は年末に向けて込み合う時期なのですね。

もうしばらくかかりそうです。

形になっていくのは楽しいです。

どしどし

お問合せお待ちしております。


RECENT POSTS
SEARCH BY TAGS
まだタグはありません。
ARCHIVE