靴づくり序章②~皮を切る~

靴をつくる工程って、この先どうなっていくんだろう…

まったく想像がつかないまんまで楽しく靴を作りに行っております。

先日は upper と呼ばれる靴の外側の皮の決型という型紙と

 linningという靴の内側の決型を作り上げたところまで書きました。

今日はこの型をバラバラにしていきます。。。

この作業はまたまたわたくしめ、混乱するのであります。

決型に、切込みを入れていき、そこに鉛筆を差し込んで、ある程度の型の形をとっていく。

そこに、縫い代の部分?を便利な道具を使って型を取っていき、

裁断用のパーツの型取っていく。

このパーツには片側には切込み入れて、内側の皮と混同してしまわないように…

など、いろんなことを今となっては頭の中でつながるものの、

やってる最中「なんのために?」って相変わらず、言われるがまんまの作業。

先生ごめんなさい…のみ込みが遅い💦

そして、バラバラになった型紙はこれ。

このたくさんの型紙を合わせていくと、靴の形になっていくんだろ。

型紙を切るときに、もちろんカッターを使うのだが、そのカッターの持ち方について

私はカッターの刃を立ててしまうことと、手元を見にくいという理由でかなり斜めに傾けてしまう。

紙を切るときはいいけど、先生のいうとおり肝心な「皮を切るとき」は気を付けないと…

皮には厚みがあるため、斜めでは確かに型紙通りのサイズからずれがでる。

だいたいの型紙の大きさで、皮を無駄なく使えるように、一枚づつラフに書いていきざっくり切り取る。

そして、ざっくり切ったら

今度は型紙をクリップで止めていよいよ、カッターで型紙通り皮を切っていく。

皮切っていくとき緊張するのは当たり前なんだけど、カーブは一気にきってしまわないと、カタっと少しのがたつきが出てしまうようだ…

固めの皮なので意外と苦労せずにカットを。

カッターぎこちなかったのも、だんだんとなれてきて…でも慣れてきた時が一番油断の時あんだよな。

さてさて、

表の皮を切った後は、中の皮を切っていくのだが、これも牛のグレーの皮を先生がセレクト。

少し外側の牛皮よりも少しだけ柔らかくて伸び縮みする感じ。

すべて切った後の作業が、皮の「かわすき」という作業に。

かわすき機、、、ものすごいゴッツい機械。

皮を縫ったときに厚みが分厚くならないように、皮をすいていく作業、これが凄く難しかった。

少し皮をすいたらすぐ歯を研がなきゃいけない。

はやく回転させて作業しないと歯が傷むし、豚の皮はもっと伸びるので扱いにくくて、

すぐに歯がだめになってしまうらしい。

昔のミシンみたいに、足で踏んでスピード調整する感じの機械で。

どうしてもスピード調節か難しいけど、どんどんやっていくしかないな。。。

皮をすいた後の状態がこれ。

きれいにすければこの状態だけど、一歩間違うと皮がズタズタに( ;∀;)

そのズタズタ加減と言ったら。ちょっとショックだった((笑))

ズタズタになったらさすがにもう一度皮を型紙から裁断することにもどる。

ふりだしに戻る的な感じなわけで…

この作業が無事に終われば、次はミシン工程。

「ミシンは緊張しますよー!!

さすがに少し失敗したら、ミシンの工程はやり直し聞かないからね♪」

と、先生は若干わたくしをおどしつつ。。。(笑)

次はいよいよミシンのレポートできると思いますので、

お楽しみに♪


RECENT POSTS
SEARCH BY TAGS
まだタグはありません。
ARCHIVE